顔に触れる人

無添加のイロハ

無添加化粧品とは、化粧品表示指定成分が入っていない化粧品のことです。現在は全成分の表示が義務付けられているため、旧指定成分とよばれています。無添加といっても、全ての旧表示成分が配合されていないことを意味しません。香料は無添加でも防腐剤は入っているといったこともありますので、注意が必要です

詳しく見る

ニュース一覧

化粧品

お試しセットありが多い

化粧品は美しくなるために肌につけるものをさします。お店や訪問販売などでも買えますが近年利用が増えているのが通販サイトです。通販サイトではお試しセットを用意していることが多く、ミスマッチを防ぐようになっています。またコストパフォーマンスのよさも特徴です。

詳しく見る

レディ

成分が分かる

化粧品は通販で購入できます。品数も豊富で敏感肌用などもあるのでおすすめです。特に肌の弱い人はオーガニック化粧品を探してみるといいでしょう。近所のお店では売られていないような商品も、通販なら手軽に購入できます。

詳しく見る

顔に触れる人

美容ケアの基礎知識

化学物質を使用しておらず安全と言われている無添加化粧品。中には化学物質を使用しているものもあり、無添加だからと安心するのではなく、含まれている成分を自分で調べることも大切です。また化学物質の中でも安全性の高いものは多く、すべてを避ける必要はないでしょう。

詳しく見る

化粧品

コスメを選ぶ際に

化粧品を選ぶ基準が変化しています。無添加品が当たり前になる中で、動物実験をしていないアニマルテストフリーの製品を選択する消費者が増えたのです。動物実験を必要としないということは、安全性のクオリティが高いことになります。多くの人が、人の肌にも動物にも優しい製品を選ぶようになったのです。

詳しく見る

肌のトラブルを未然に防ぐ

化粧品

敏感肌を優しくケア

基礎化粧品やメイクアップ用品を使用することによって、かぶれや痒みなどのトラブルに見舞われる敏感肌の人が増えています。肌に合わない化粧品を使い続けていると、慢性的な肌荒れや色素沈着を起こす可能性もありますから、化粧品選びには細心の注意を払う必要があります。安心して使える化粧品として敏感肌の人に支持されているのが、トラブルの原因になりやすい香料や着色料、防腐剤などを配合していない無添加化粧品です。防腐剤を配合しなくても品質を保てるように、容量の少ない商品や、雑菌の混入を防げるように設計された容器に入っている商品が多いことも無添加化粧品の特徴です。低刺激性の防腐剤を少量だけ配合している商品もあり、安全に使用するための様々な工夫が凝らされています。合成色素を使用していない無添加のメイクアップ用品にも人気があり、穏やかな使い心地や、天然色素ならではのナチュラルな色合いが魅力です。一般的な化粧品に比べて割高なイメージの強い無添加化粧品ですが、ニーズの拡大に応えて、最近ではリーズナブルな価格帯の商品も増えています。インターネットや電話・FAXなどを利用した通信販売を行っている無添加化粧品のブランドもあり、新鮮な商品を直接配送してもらえることが大きなメリットです。購入金額に応じて貯まるポイント制度や、まとめ買いで適用される割引制度、定期購入制度などを上手に利用することが、お得なショッピングのコツです。