ニュース一覧

無添加のイロハ

顔に触れる人

成分の確認が大切

無添加化粧品が高い人気を集めています。しかしなんとなく肌に良さそうというイメージだけで、無添加とはどういうことかはよく知らないという女性もいるのではないでしょうか。無添加とはつまり添加していないということですが、何を入れていないかと言うと旧表示成分です。これは1980年に制定された化粧品表示指定成分を指し、防腐剤や香料、着色料などのアレルギーの危険性が認められる102の成分が含まれています。かつてはこの成分のみが化粧品のパッケージに明記することが義務付けられていました。しかし2001年には配合しているすべての成分を表示するように薬事法が改訂されたため、旧をつけて呼ぶようになったのです。これら成分は、肌に負担をかけたり、アレルギー発症の要因になったりする可能性が指摘されていたものばかりです。そういったリスクのある成分が配合されていないことで、安心して顔に使用できるというのが高い人気を集める理由でしょう。敏感肌の人は普通の人では問題にならないようなささいな刺激でも反応して、炎症や赤みを起こすことがあります。しかし余計な成分が入っていなければ、そういったトラブルが起こる可能性も軽減します。ただし、無添加と謳われている化粧品の中には、香料や着色料は使用していなくても防腐剤は使っているというものもあります。無添加は一切の添加物が使用されていないということではないからです。化粧品を買うときは、無添加という言葉だけに反応せず、成分表示も確認すると良いでしょう。