ニュース一覧

美容ケアの基礎知識

顔に触れる人

美容品を見極める為に

自分を美しくみせることだけでなく、化粧品や美容品そのものの成分や効能にも注目する女性が増えています。「どんなに効果を感じられても肌に深刻なダメージを与える化粧品は使いたくない」と長期的に美容を捉える人が増えたこともあり、美容ケアグッズに深い知識を持っている人も増えているといえるでしょう。例えば「肌への負担が少ない」「化学薬品を使っていないためアレルギーや敏感肌の人でも使いやすい」という特徴をもつ美容品といえば無添加化粧品です。無添加化粧品というのは化学物質を使っていない物を指しますが、メーカーによっては“一部の製品を使用していない”という意味で使用していることもあります。つまり、無添加と書いてあっても必ずしも化学薬品不使用であるとは言い切れないため、自分で含有成分などを調べたほうが安全に使えるといえるでしょう。たとえば、ノンシリコンシャンプーが広まり注目されるようになったシリコンも化学物質のひとつです。シリコンはなめらかでつるつるした手触りを与えてくれる効果がありますが、それはシリコンそのものの成分が表面を覆っていることに起因します。そのため、肌や髪の毛の通気性が悪くなったり、毛穴を塞いでしまう原因にもなりかねません。とはいえ、すべての化学物質がからだに悪いわけではなく、シリコンのようにその物質だからこそ得られる効果や効能があるわけです。自分がどんな成分を避けたいのか、どのような物質を取り入れたいかを見極める必要性があります。